白鵬関の優勝インタービューで感じる相撲界の感覚のずれ

とうとう日馬富士が引退を表明しました。相手に暴行し、傷害を負わせたのですから当然と言えば当然なのですが、現段階での引退表明という事が事件をうやむやのしてしまいたいという印象も持ってしまいます。遡って九州場所後の横綱白鵬の優勝インタビューも今回の引退表明に影響を与えたのではないかという報道もあります。日馬富士、貴ノ岩両社とも土俵にあがれるようにしてあげたいとの趣旨でしたが、まだ疑惑が何も解明されていない時点であるだけに、この白鵬の優勝インタビューもかなりの違和感がありました。角界といえば近年いわゆる「かわいがり」と言われる暴行問題や、八百長問題など度々危機に陥っています。稀勢の里横綱昇進などもあり、ようやく人気も回復していた時でもあっただけに、ファンの失望感はひどいでしょう。おまけに白鵬の今回の優勝インタビューです。やはり角界は一般社会とは違う次元のなかで物事が動いているのではないかとの見方をされても仕方ないでしょう。これまで一種独特の社会の中でよしとされてきた問題も、伝統だからという言葉で片付けないで、一つ一つ見直す必要があるでしょう。そのためにはまず理事長始め相撲協会を運営する側の姿勢が問われるのではないかと思います。ミュゼ 背中