ティーンエージャーらしき感性豊かな内側が並ぶ部屋

「こういうホールは、T・M自ら使ってるの?」
 何とかしてT・Mとの距離を縮める結果、ぼくは初っ端から思い切って愛称で呼んでみた。
「そうです。良かったら、上がって下さい」
 無表情でけじめの乏しい、まるで棒読みのようなT・Mの回答は特異だった。
 ぼくはT・Mに促されるとおり、そそくさと靴を脱いで内部へ入ると、そこにはコミック正規で埋め尽くされた大人気な本棚とその上にはガンダムの姿が所狭しと並んでいる。私も親しんです曲目も所々に散見されるCDラック、クローゼット、ローラーサービスのハンガー博打に無数に吊るされた色とりどりのカジュアルな被服の数々と、スマフォも抜き差しできるのだろうか、見るからに収穫が張りそうなCDコンポとホールの中央には証明のような炬燵がいる。今時のティーンエイジャーらしき、サブ文化に塗れたホールです。太い押入れの扉には天然樹木をカットして作られたいびつなドアノブが取り付けられていた。